オーストラリア・東チモール

イクシスLNGプロジェクト及び周辺鉱区

契約地域
(鉱区)
作業状況 事業会社(設立) 権益比率
*オペレーター)
WA-50-L 生産中 INPEX Ichthys Pty Ltd
(2011年4月5日)
*同社 66.245%
TOTAL 26.000%
CPC 2.625%
東京ガス 1.575%
大阪ガス 1.200%
関西電力 1.200%
JERA 0.735%
東邦ガス 0.420%
WA-51-L
WA-84-R 探鉱中
(ガス・コンデンセート発見構造の評価を実施している鉱区)
INPEX Browse E&P Pty Ltd
(2013年10月21日)
同社 40%
*Santos 60%
WA-85-R
WA-86-R
WA-56-R *同社 60%
TOTAL 40%
WA-80-R 同社 20.0000%
*Santos 47.8306%
Chevron 24.8300%
Beach 7.3394%
WA-281-P *同社 29.5%
Santos 70.5%
WA-57-R 同社 20%
*Santos 30%
Chevron 50%
WA-58-R
WA-74-R
WA-79-R
WA-81-R
WA-274-P 探鉱中
WA-285-P *同社 62.245%
TOTAL 30.000%
CPC 2.625%
東京ガス 1.575%
大阪ガス 1.200%
関西電力 1.200%
JERA 0.735%
東邦ガス 0.420%
WA-494-P *同社 100%
WA-532-P
WA-533-P
WA-343-P *同社 60%
TOTAL 40%
AC/P36 *同社 50%
Murphy 50%
AC/P66 *同社 100%
Murphy 50%
EP(A)318 INPEX Oil & Gas Australia Pty Ltd
(2012年2月28日)

(2020年3月末時点)

イクシスLNGプロジェクト

1998年に本プロジェクトが位置する鉱区の探鉱権を取得し、その後の探鉱・評価作業や基本設計作業などの開発準備作業を経て、2 0 1 2 年1月に最終投資決定(FID)をしました。生産に必要な施設の建設作業や試運転作業を経て、2018年7月に生産を開始し、その後、順次コンデンセート、液化天然ガス(LNG)、液化石油ガス(LPG)各製品の出荷を開始しました。生産ランプアップは極めて順調に進み、2019年は104隻のLNGカーゴをダーウィンの陸上ガス液化プラントより出荷しました。2020年は、プラトー(安定)生産を前提として、月に10隻程度のLNGカーゴの出荷を見込んでいます。

イクシス周辺鉱区

当社はイクシスLNGプロジェクト周辺に20の探鉱鉱区を保有し、現在探鉱活動を実施しています。これまでの探鉱活動で発見されたガス構造は少なくとも11鉱区にわたり、これらの発見について現在評価作業を行っています。今後の探鉱・評価作業により相当量の原油・天然ガスが確認された場合には、イクシスLNGプロジェクトとの相乗効果など、事業のさらなる拡大が期待されます。

地図:イクシスLNGプロジェクト、及び周辺鉱区
CPF「イクシス エクスプローラー」
陸上ガス液化プラント


プレリュードFLNGプロジェクト(WA-44-L鉱区)

契約地域
(鉱区)
作業状況 事業会社(設立) 権益比率
*オペレーター)
WA-44-L 生産中 INPEX Oil & Gas Australia Pty Ltd
(2012年2月28日)
同社 17.5%
*Shell 67.5%
KOGAS 10.0%
OPIC 5.0%

(2020年3月末時点)

プレリュードFLNGプロジェクト

当社は、2012年6月にShell社がオーストラリア北西部沖で開発中のプレリュードFLNGプロジェクトの権益17.5%を取得しました。プレリュードFLNGプロジェクトは、西オーストラリアブルーム市の北北東約475キロメートルの沖合にあるWA-44-L鉱区のプレリュードガス田及びコンチェルトガス田より、LNG年間360万トン、LPG年間約40万トン(ピーク時)、コンデンセート日量約3.6万バレル(ピーク時)をFLNG方式(浮体式)により生産・液化・出荷するプロジェクトです。

オペレーターのShell社は、2011年5月にFLNG方式による最終投資決定(FID)を行いました。その後、生産に必要な施設の建設作業や試運転作業を経て、2018年12月に生産井からのガス生産を開始しました。その後、2019年3月にコンデンセートの出荷を開始し、同年6月にはLNGの出荷を開始しています。

地図:プレリュードFLNGプロジェクト(WA-44-L鉱区)
FLNG船(コミッショニングLNG受入の様子)

ヴァンゴッホ油田、ラベンスワース油田ほか

契約地域
(鉱区)
作業状況
(生産量、2019年12月期平均、全鉱区ベース)
事業会社(設立) 権益比率
*オペレーター)
WA-35-L
(ヴァンゴッホ限定エリア)
生産中
-原油:日量12千bbl
アルファ石油株式会社
(1989年2月17日)
同社 47.499%
*Santos 52.501%
WA-35-L&WA-55-L鉱区 同社 47.499%
*Santos 52.501%
WA-43-L
(ラベンスワース油田)
生産中
-原油:日量4千bbl
同社 28.5%
*BHPBP 39.999%
Santos 31.501%

(2020年3月末時点)

当社が1999年7月に取得した西豪州沖合WA-155-P(PartI)鉱区では、その後の探鉱作業でヴァンゴッホ油田及びラベンスワース油田が発見され、それぞれWA-35-L、WA-43-L鉱区として生産ライセンスを取得しました。その後、2010年2月、8月からそれぞれの油田で原油の生産を開始しています。WA-35-L鉱区及びWA-55-L鉱区にまたがるコニストン油田では、2011年12月から開発作業を行い、2015年5月に原油の生産を開始しています。

地図:ヴァンゴッホ油田、ラベンスワース油田ほか
ヴァンゴッホ油田、ラベンスワース油田ほか
ヴァンゴッホFPSO

バユ・ウンダンプロジェクト
(PSC-TL-SO-T 19-12(旧JPDA03-12鉱区))

契約地域
(鉱区)
作業状況
(生産量、2019年12月期平均、全鉱区ベース)
事業会社(設立) 権益比率
*オペレーター)
PSC-TL-SO-T 19-12 生産中
-原油:日量16千bbl
-天然ガス:日量412百万cf
-LPG :日量9千bbl
サウル石油株式会社
(1993年3月30日)
同社 19.2458049%
*ConocoPhillips 61.3114766%
Santos 19.4427185%
バユ・ウンダンユニット 同社 11.378120%
*ConocoPhillips 56.943372%
Eni 10.985973%
Santos 11.494535%
Tokyo Timor Sea Resources(JERA/東京ガス) 9.198000%

(2020年3月末時点)

当社は1993年4月にオーストラリアと東チモールの共同管理下にあるチモール海共同石油開発地域( J P D A )の旧JPDA03-12鉱区の権益を取得しました。その後の探鉱作業を通じて複数の原油・ガスを発見し、そのうち、ウンダン構造では、隣接する旧JPDA03-13鉱区のバユ構造と一体であることが判明したため、両鉱区の権益保有者が1999年にユニタイゼーションを行い、バユ・ウンダン ガスコンデンセート田として共同開発を開始しました。その後、同プロジェクトでは2004年よりコンデンセート及びLPG、2006年2月よりLNGを生産・出荷しています。なお、2019年8月にオーストラリア政府と東チモール政府が海上国境条約を批准したことにより、JPDAは廃止となり、同鉱区は東チモール政府が単独で管轄することとなりました。また同条約に基づき、両国政府と生産分与契約の各コントラクター間の協議を経て、旧生産分与契約と同等条件での事業継続が決定され、2019年8月に東チモール政府と新たに生産分与契約(鉱区名:PSC-TL-SO-T 19-12鉱区)を締結しています。

地図:バユ・ウンダンプロジェクト(JPDA03-12鉱区)
バユ・ウンダンプロジェクト
バユ・ウンダン海上生産施設