ごあいさつ

皆様には、平素より私どもINPEXグループの事業活動についてご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございます。

当社は石油や天然ガスの探鉱・開発・生産という上流事業を中核とした会社として発展してまいりました。 今後ともアジアを中心として伸び続ける世界のエネルギー需要に応えることが当社の重要な責務であることに変わりはありませんが、近年は気候変動問題や低炭素社会への移行に加えて、新型コロナウイルスの世界的な流行によるエネルギー需要への影響という経済や社会への大きな変化の波が押し寄せてきております。これら課題への対応は決して容易なものではありませんが、当社はこれを飛躍のチャンスととらえ積極的に事業活動を展開してまいります。

このような観点から、2021年1月に「今後の事業展開~2050ネットゼロカーボン社会に向けて~」を策定し、2050年までに自社のネットゼロカーボン実現を目標に定めました。また、2022年2月には「長期戦略と中期経営計画(INPEX Vision @2022)」を策定し、徹底したクリーン化を前提に石油・天然ガス上流事業に引き続き取り組み、安定供給の役割を果たしていくとともに、ネットゼロ5分野にも積極的に取り組むことで、多様なエネルギーのリーディングカンパニーとなることを目指す戦略をお示ししました。

具体的には、水素・アンモニア、CCS・CCUS、再生可能エネルギー、カーボンリサイクル・新分野事業、森林保全のネットゼロ5分野を2050年に向けて加速度的に拡大し、それぞれの分野で信頼される主要なプレーヤーとしての地位を確立いたします。また、基盤事業である石油・天然ガス上流事業は「コアエリアへの選択と集中」・「天然ガスシフト」・「強靭化とクリーン化」を一体で推進し、クリーンなエネルギーとして安定供給を継続いたします。

当社は今後、「INPEX Vision @2022」に基づき、Energy Transformationのパイオニアとして、石油・天然ガスから水素、再生可能エネルギーまで多様でクリーンなエネルギーを安定供給することで、ネットゼロカーボン社会の実現への貢献という社会的責任を果たしつつ、グループ全体の企業価値向上に努めてまいります。

皆様方におかれましては、今後とも一層のご指導を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社INPEX
代表取締役社長
上田隆之

さらに詳しく知りたい方はこちら