サイトナビゲーション:

CSR
CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

HSE重点目標とプログラム

2016年度 コーポレートHSE重点目標及びHSEプログラムの達成度
(対象期間: 2016年4月~2017年3月)

【達成度目安】優:100%~70%良:70%~20%可:20%~0%

↓各表は右から左へスクロールが可能です

コーポレート第三期HSE中期計画(2016-2020年度)着手
中期計画の目標 IOGPが新たに定めたガイドライン(OMS510)の導入により、HSEMS をより有効かつ一貫性のある内容に改善し、ノンオペレータプロジェクトや国内事業子会社を含めた全社のHSE管理に適用する。
2016年度重点目標 コーポレート第三期HSE中期計画(2016-2020年度)に着手する。2016年度は、IOGPが新たに定めたガイドラインを導入し、HSEマネジメントシステム規則を改定する。
実施項目 評価 評価と今後の対応
OMS510を参照したHSE ポリシー、HSE マネジメントシステム規則の見直し 優
  • 環境安全方針およびHSEMS規則を改定しました。
  • ワーキンググループによりオペレーション事業体の構成内容を見直し、当該結果をHSEマネジメントシステム規則に反映させました。
ノンオペプロジェクトおよび国内事業子会社のHSE管理強化への着手 良
  • ノンオペレータプロジェクト及び国内事業子会社の管理用ガイドラインはNOJV Initial Assessmentの結果を踏まえて作成する予定です。
  • NOJV Initial Assessmentを実施中です。
  • 来年度は新たにHSEMS対象となった事業について、2017年度に具体的な管理計画の作成を支援します。
  • コーポレートHSE教育訓練スキームの新規見直し、2016年度HSE教育訓練
  • OJTプログラムの策定と実施
優
  • コーポレートHSE教育訓練スキームを作成し、実行準備を進めていますが、文書化は来年度に持越し予定です。
  • コーポレート2016年度HSE教育訓練・OJTプログラムは計画通りに実施しました。
HSEアシュアランス・ガバナンス強化
中期計画の目標 HSE監査やHSEレビューなどを、全社連携の下、体系的かつ積極的に実施し、その結果を活用することにより、全社のHSEアシュアランス・ガバナンス体制を充実させる。
2016年度重点目標 HSEレビュー、リスクベースHSE監査の導入、HSEマネジメントサイトビジット、事故報告の総合的な活用を実施する。
実施項目 評価 評価と今後の対応
HSE監査、HSEレビューの実施 優
  • イクシス及びガスグアリコに対するコーポレート HSE 監査を実施しました。
  • アシュアランス・ガバナンス強化のためにリスクベース監査コンセプトを検討し、実施スキーム案を作成しました。 
  • 2016年度HSEレビュー計画に基づいて、18件のHSEレビューを実施しました。
  • 副社長、役員によるHSEマネジメントサイトビジットを4事業所に対して実施しました。
HSE技術サポート推進
中期計画の目標 全社的な人材活用とリソース確保を適切に実施し、HSE技術サポートを充実させる。
2016年度重点目標 ガスグアリコ拡張工事、基礎試錐、INKプロジェクト長期生産、LNGタンカー建造・運航のHSE管理強化に加えて、地熱事業、ノンオペレータープロジェクトおよび国内事業子会社のHSE管理に着手する。
実施項目 評価 評価と今後の対応
全社的な人材活用スキームの作成および下記プロジェクトへの技術サポートの実施(ガスグアリコ/基礎試錐/LNGタンカー建造・操業/ノンオペプロジェクト/国内事業子会社/地熱事業) 優
  • 7つのプロジェクトに対してHSE支援を実施しました。
HSE現場管理力強化
中期計画の目標 現場でのHSE管理が極めて重要であるとの認識に基づき、現場で働く一人ひとりがHSE活動に参加し、経験や意見が反映できるような仕組み整備に取り組む。
2016年度重点目標 全員参加型の活動を通じて、HSE現場管理力を強化する。また、各所が実施した建設工事のHSE上の教訓を収集分析し、その結果を広く周知する。
実施項目 評価 評価と今後の対応
建設工事(イクシス、ガスグアリコ、富山PL、越路原プラント等)におけるHSE教訓の収集、分析、周知並びに現場のHSE管理者を対象としたHSEフォーラムの開催 優
  • 2016年10月にHSEフォーラムを開催し、討議結果を報告書に纏めて事故情報・教訓や良い取組み等を共有しました。
リスク管理プロセスを用いた重大事故・災害のリスク管理の徹底
中期計画の目標 HSEリスク管理の徹底、セーフティケースアプローチの定着、プロセスセーフティ管理および設備の健全性維持活動を通じて、重大災害防止を徹底する。
2016年度重点目標 主要施設のセーフティケース作成を継続し、重大事故・災害のリスク管理におけるALARPレベルを確保する。また、ソフトウエアを活用した全社的なHSEリスク管理を開始する。
実施項目 評価 評価と今後の対応
HSEリスク管理の強化 優
  • 全オペレーション事業体からのSynergi Lifeを通じた2016年度リスク情報の報告が完了しました。
  • 4半期ごとに経営会議においてリスク管理情報を計3回報告しました。
セーフティケースの作成とその利用 優
  • 2016年度セーフティケース作成およびレビュー計画を策定し、同計画に基づき下記を実施中です。
    • - OTNセーフティケース作成のサポート
    • - イクシスのセーフティケースのレビュー
    • - ガスグアリコのセーフティケース作成サポート継続
    • - TPCのALARP立証に対する支援
Asset Integrity Process Safety [AIPSM]レビュー計画の策定と実施 優
  • 2016年度AIPSアシュアランスレビュー計画を策定し、同計画に基づくAIPSMレビューを実施中です。
事故災害発生件数の削減
中期計画の目標 LTIF、TRIRそして新たな先行指標を全社的に導入し、その監視評価を継続し、IOGP参加企業とのベンチマーキングにおいて、上位25%内の成績を維持する。
2016年度重点目標 ゼロ災を目指し、LTIFならびにTRIRの達成目標は、IOGP上位25%内(LTIF:0.17、TRIR:0.91以下)とする。また、HSEパフォーマンス改善に結びつく新規先行指標を導入する。
実施項目 評価 評価と今後の対応
事故削減への取り組み 良
  • 今年度は必要となる機能要件を定めました。
  • HSE先行指標を要領に反映させました。
  • 安全7原則の遵守状況評価方法を要領改定に加味しました。
  • 来年度は関連する要領にこれらを反映させると共に、システムの選定作業に移行します。
労働衛生管理 良
  • 全社的な労働衛生管理の仕組み作りは、引き続き検討中です。
緊急時・危機対応能力の強化
中期計画の目標 Incident Command Systemを定着させ、主要脅威を確実に把握し、緊急時・危機において迅速かつ適切に対応できる能力を獲得する。
2016年度重点目標 レベル3の全体訓練ならびに個別部門の訓練を通じて、ICS(Incident Command System)に基づく緊急時対応要領の定着を図る。
実施項目 評価 評価と今後の対応
ICSベースの緊急時対応要領の定着 優
  • 首都直下型地震に関する文書は2017年の訓練後に改定する予定です。
  • 油流出対応及びガス漏洩についての緊急時対応計画書は2017年度に作成する予定です。
セキュリティ管理の強化 優
  • セキュリティ管理状況のレビューは計画通りに進捗しました。
  • セキュリティ関連のガイドラインの見直しは2017年に実施する予定です。
  • 社内トラベルセキュリティセミナーを12月に実施しました。
温室効果ガスの排出管理ならびにIFC基準に準拠した環境社会影響マネジメントの推進
中期計画の目標 環境・社会影響管理については、法的要求事項ならびにIFCパフォーマンススタンダードに基づく管理を徹底する。また、GHG管理の取り組みを継続しつつ、環境負荷の低減に資する個別に注力すべき対象を選定し、それらの管理計画を推進する。
2016年度重点目標 GHG排出量リスク管理のプロセスを継続する。また、その他の環境負荷の当社事業への影響を評価する。
実施項目 評価 評価と今後の対応
GHG 管理の強化 優
  • 石鉱連環境小委員会での2020年・2030年の排出量削減目標見直しについて加盟企業間で公式に合意し、経団連に報告しました。
  • 2017年2月より、経営企画本部が気候変動対応推進業務を担うこととなり、コーポレートHSE委員会の諮問機関であったGHG管理WGは同月廃止されました。2017年度以降、年度GHG管理サイクルは、新たに設置される経営企画本部主管の気候変動対応推進PTが主体となって運営することとなりました。
セキュリティ管理の強化 優
  • 環境管理ワーキンググループの設立をコーポレート HSE委員会で報告しました。
  • 全社的な環境レジスターは、来年度に作成する予定です。
弊社のCSR活動に関するご意見・ご感想はこちら

このページのトップへ