新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応について

当社は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に際し、日本をはじめ当社が関わる世界各地の原油・ガス生産操業において、従業員の健康・安全を最優先としてウイルス感染防止策を強化しながら、エネルギーの安定供給を継続しています。この目的を達成するために、コーポレート危機対策本部のリーダーシップの下、当社グループ全体で統合的な危機対応を行っています。国内・海外の生産拠点においては、生産操業要員の隔離や交代シフトを変更する等の対策を講じながら、安全操業に必要な要員を配置して安定操業を着実に継続しています。

また、医療関係者をはじめ、感染拡大防止のために尽力されている全ての方々を支援するために、下記の活動に取り組んでいます。

日本 日本赤十字社及び自治体へのN95マスクの提供
オーストラリア
  • 北部準州でのフードバンク緊急食糧支援活動への3万豪ドルの寄附
  • Menzies School of Health Research のCOVID-19対策支援への10万豪ドルの寄附
  • ブルームでの医療及び警察機関へのマスクの提供
インドネシア タニンバル諸島県における医療従事者へのCOVID-19対策ポスター、化学防護服、医療用マスク、除菌液の提供
カザフスタン 同国に展開する外資企業と共同で、ヌルスルタン市医療機関への医療機器及び防護具の提供
米国 ヒューストン日本商工会を通じた義捐金の拠出
フェイスシールドとマスクを着用しての作業の様子(直江津LNG 基地)
オーストラリア北部準州における
フードバンク活動への寄附
インドネシア タニンバル諸島県における
医療物品の提供
カザフスタン ヌルスルタン市医療機関への
医療機器の提供