社外からの評価

INPEXグループは、中⻑期的な視野に⽴ってグローバルなCSR経営を推進し、さらなる事業の成⻑を⽬指しています。CSR経営の推進にあたっては、ステークホルダーの皆さまとの丁寧なコミュニケーションを⼼がけ、積極的な情報公開に取り組んでいます。ここではこうした私たちの活動に対する社外のステークホルダーの皆さまからいただいた評価について紹介します。

ESGインデックスの構成銘柄への組⼊れ

FTSE4Good Developed Index, FTSE4Good Japan Index

英国のFTSE Russellが作成しているESGインデックスで、代表的なESGレーティングの⼀つとして投資家に活⽤されており、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)のグローバル・スタンダードを満たす企業への投資を促進するようデザインされたインデックスシリーズです。

FTSE Blossom Japan Index

英国のFTSE Russellが作成しているESGインデックスで、ESGの観点においてパフォーマンスが優れた⽇本企業を評価するものです。環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)のESG全般を考慮に⼊れた年⾦積⽴⾦管理運⽤独⽴⾏政法⼈(GPIF)の「総合型」インデックスとして採⽤されています。

MSCI ESG Leaders Indexes, MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数, MSCI日本株女性活躍指数(WIN)

MSCI ESG Leaders Indexes

⽶国のMSCI (Morgan Stanley Capital International) 社が開発したESG⾯で優れた企業を選定する代表的なSRIインデックスです。

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数はESGの観点においてパフォーマンスが優れた⽇本企業を評価するもので、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)のESG全般を考慮に⼊れた年⾦積⽴⾦管理運⽤独⽴⾏政法⼈(GPIF)の「総合型」インデックスとして採⽤されています。

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)は、女性活躍推進法により開示される女性雇用に関するデータに基づき、多面的に性別多様性スコアを算出し、各業種から性別多様性スコアの高い企業を選別して構築されており、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)の社会(S)のうち、女性活躍に着目した年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の「テーマ型」インデックスとして採用されています。

THE INCLUSION OF INPEX CORPORATION IN ANY MSCI INDEX, AND THE USE OF MSCI LOGOS, TRADEMARKS, SERVICE MARKS OR INDEX NAMES HEREIN, DO NOT CONSTITUTE A SPONSORSHIP, ENDORSEMENT OR PROMOTION OF INPEX CORPORATION BY MSCI OR ANY OF ITS AFFILIATES. THE MSCI INDEXES ARE THE EXCLUSIVE PROPERTY OF MSCI. MSCI AND THE MSCI INDEX NAMES AND LOGOS ARE TRADEMARKS OR SERVICE MARKS OF MSCI OR ITS AFFILIATES.

S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数

米国のS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社が開発した、業種内で炭素効率性が高く(温室効果ガス排出量÷売上高が小さい)、温室効果ガス排出関連の情報開示を行っている企業への投資ウェイトを高めたインデックスです。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の環境(E)の「テーマ型」インデックスとして採用されています。

S&P Japan 500 ESG Index

米国のS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社が開発した、タバコ・武器産業等を除外するネガティブスクリーニングと、同社が算出するESGスコアを基にしたポジティブスクリーニングを組み合わせて構成銘柄を選定するインデックスです。

STOXX® Global ESG Leaders Index

STOXX Global ESG Leaders Index

ドイツ証券取引所のグループ会社であるSTOXXが提供するインデックスで、ESG格付⼤⼿のSustainalytics社による調査結果をもとに、ESG⾯で優れた企業を選定しています。

ECPI World ESG Equity, ECPI Global Carbon Liquid, ECPI Global Developed ESG Best in Class

ECPI社はルクセンブルクとミラノに拠点を置く、持続可能性投資を専⾨とした投資運⽤助⾔会社で、CSR活動で⼀定の⽔準を満たした世界の企業で構成する業種別、地域別、テーマ別のインデックスを保有しています。

SOMPOサステナビリティ・インデックス

SOMPOサステナビリティ・インデックス

SOMPOアセットマネジメント株式会社が運用する、ESGの評価で一定の水準を満たした企業で構成したインデックスです。

主な評価

CDP

CDPは、全世界の⼤企業や公的機関などに対し、それらの活動が環境や社会に及ぼす影響に関する情報開⽰や、その影響を軽減する対策を講じることを提⾔するなど、800以上の機関投資家(運⽤資産総額100兆⽶ドル)を代表して活動する国際NGOです。
当社は、2020年の気候変動調査において、A-の評価を獲得しました。

健康経営銘柄2021、健康経営優良法人2021 ホワイト500

「健康経営銘柄」は、経済産業省と東京証券取引所が共同で、従業員の健康管理を経営的な視点で戦略的に実施する「健康経営」を進めている上場企業のうち、取組が特に優れている企業を認定する制度であり、「健康経営優良法人(大規模法人部門)」(ホワイト500)は、経済産業省と日本健康会議が共同で、優良な健康経営を実践している法人を認定する制度です。

  • 健康経営は、NPO 法人健康経営研究会の登録商標です。

「 S&P Global Sustainability Award 2021」で「Industry Mover 2021」に選定

Industry Mover 2021

当社は、米国のS&P Global社による世界有数の総合的なサステナビリティ格付「S&P Global Sustainability Awards 2021」において、Oil & Gas Upstream & Integrated Industryに属する企業114社の内、評価スコアが上位15%以上、かつ前年度から最もスコアを向上させた企業として「Industry Mover 2021」に選定されました。
詳細はS&P Global社が発行するThe Sustainability Yearbook 2021に掲載されておりますので、下記リンクよりご参照ください。

第24回環境コミュニケーション大賞 優良賞

環境コミュニケーション大賞 優良賞

当社の「サステナビリティレポート2020」が、環境省と一般財団法人地球・人間環境フォーラムが主催する「第24回環境コミュニケーション大賞」の環境報告部門において、優良賞を受賞しました。
「環境コミュニケーション大賞」は、優れた環境報告を表彰することにより、事業者の環境経営及び環境コミュニケーションへの取組を促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的とする表彰制度です。第24回は147点の応募があり、その中から26点が優良賞を受賞しました。
この大会の審査において、当社の「サステナビリティレポート2020」は、「重要な環境課題等の特定と整理を、経営戦略と整合した形で掲載しており、わかりやすい。特に気候変動について最も影響を受ける業種であり、多くの紙面を割いていることも評価できる」などの高い評価を受けています。

「PRIDE 指標2020」シルバー認定

work with Pride Silver 2020

当社は、任意団体「Work with Pride」が策定している「PRIDE指標 2020」において、2019 年度に引き続き、シルバー認定を受けています。
「Work with Pride」は、LGBT などの性的マイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体で、2016 年より日本初の職場における LGBT などの性的マイノリティへの取り組みの評価指標「PRIDE 指標」を策定しています。

その他外部からの評価、受賞状況

東洋経済「第15回CSRランキング」
(週刊東洋経済2021年3月6日号)

63位/1,614社