サイトナビゲーション:

CSR
CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

CSRマネジメント

基本的な考え方

当社ではCSRを経営の根幹に位置付けています。ステークホルダーとの対話を通じ、当社に対する社会からの期待を的確に捉え、事業との関わりの大きいCSR重点テーマの取組を中心に継続的に様々なCSR活動を行うことで、ステークホルダーと共に成長する企業を目指します。

CSR推進体制

CSR推進体制

CSRに関する経営トップの考えを明確に発信し、全社的・体系的なCSR活動を推進する目的で、代表取締役社長を委員長とするCSR委員会を設置しています。委員として代表取締役、総務本部長、経営企画本部長(副委員長)のほか、コンプライアンス委員会及びコーポレートHSE委員会の両委員長が出席し、両委員会との連携を図っています。

※1 CSR推進連絡会:CSR委員会の下部組織として各本部の実務者レベルで構成されるCSR推進連絡会を設置しており、経営トップと各職場の間をつなぐことで、双方向で認識を共有しCSR活動を推進しています

外部イニシアティブへの参加

当社では、国際社会からの要請に応えるために、国内外の様々なイニシアティブへ参加しCSR活動を推進しています。

  • 国連
    グローバル・
    コンパクト
  • IOGP国際石油・天然ガス生産者協会
  • APPEAオーストラリア
    石油探鉱開発協会
  • EITI採取産業透明性
    イニシアティブ
  • IPIECA国際石油産業環境
    保全連盟
  • 石油鉱業連盟

CSRロードマップ

↓この図は右から左へスクロールが可能です

↓この図は右から左へスクロールが可能です

2016年度CSR重点目標
事業とのつながりを
意識したCSR
PDCA推進、社内浸透
次期CSRロードマップ
(中期計画)策定に
向けた検討
情報開示の強化、
外部評価の向上
CSRイニシアティブへの
積極的な関与

このページのトップへ

CSR重点テーマの特定

上流事業を持続的に拡大し、グローバルに展開するエネルギー企業として各ステークホルダーからの信頼を得るため、2012年4月にISO26000の7つの中核主題の中から当社にとっての重要度が高く、ステークホルダーにとっても重要度の大きい5つのテーマをCSR重点テーマとして特定しました。
テーマ選定後3年を経た2015年5月には、5つのテーマごとに3年間の取組を総括するとともに、当社主要プロジェクトの進捗に伴う事業活動が与える影響事象やステークホルダーの関心事項の変化などを踏まえてテーマの見直しを行い、新たに「ガバナンス」を加えた6つをCSR重点テーマとして再設定しました。
さらに、テーマごとに当社が優先的に行うべきアクションを「重要課題」と定義し、下記のステップにより特定しました。これらの重要課題は全て当社のPDCAサイクルに組み込まれており、継続的に改善が成されるようになっています。なお、重要課題もCSR重点テーマと同様に、状況に応じた定期的な見直しを図る予定です。

重要課題マップ

↓この図は右から左へスクロールが可能です

CSR重点テーマ

↓この図は右から左へスクロールが可能です

  考え方 主な取組
ガバナンスガバナンス 経営の効率性、透明性、健全性の向上に努め、グローバル企業として責任ある経営を行います。
  • ガバナンス体制の構築
  • 適切な情報開示と透明性の向上
  • リスクマネジメント体制の構築
コンプライアンスコンプライアンス 事業活動を行う上で、法令、人権を含む各種の国際規範、操業地域の社会規範を守ります。
  • 法令及び社会規範の遵守
  • 人権の尊重
  • 贈収賄・汚職防止
HSEHSE 操業における安全確保、環境保全、健康管理の持続的強化に努めます。
  • 操業における安全管理
  • 重大事故防止
  • 環境負荷の低減
  • 生物多様性の保全
地域社会地域社会 地域社会への影響低減に努めるとともに、地域社会との丁寧なコミュニケーションを通じその発展に貢献します。
  • 地域社会に対する影響評価・低減策の実施
  • 地域経済への貢献
  • 先住民への配慮
気候変動対応気候変動対応 温室効果ガスを適切に管理するとともに、再生可能エネルギーの事業化、新技術の研究・開発の取組強化に努めます。
  • 温室効果ガスの管理
  • 再生可能エネルギー事業の推進
  • 新技術の研究・開発
従業員従業員 グローバルに活躍する人材を育成し、価値観・多様性に配慮した企業文化を通じて、事業の発展を目指します。
  • グローバル人材の育成
  • ダイバーシティの推進
  • 働きやすい職場環境の整備

このページのトップへ

中長期ビジョン

当社では、中長期にわたり持続的発展を遂げるための成長目標と、この達成に向けた重点的取組を明らかにするため、「INPEX中長期ビジョン」を掲げています。
 この中で、2020年代に達成を目指す「3つの成長目標」と、そのための「3つの基盤整備」を定めていますが、その基盤整備項目の一つにCSRを位置付け、毎年の進捗状況を把握し、中長期的な視点でCSR経営の強化に取り組んでいます。

中長期ビジョンに対する2015年度の進捗
CSR経営の推進

CSR委員会を2回開催。CSR重点テーマの見直し、チャールズ・ダーウィン大学オーストラリア北部石油・天然ガス研究センター設立に伴うSROI (Social Return on Investment)分析結果の報告、CSR社内浸透策(CSR研修)などについて議論、施策を実行。
サステイナビリティをめぐる当社の取組について取締役会に報告。

コーポレートガバナンスの持続的強化

経営諮問委員会を2回開催し、外部有識者の意見を経営に反映。
「コーポレートガバナンスに関する基本方針」を制定。

コンプライアンス・HSE体制の強化
[コンプライアンス]
グローバルなコンプライアンス体制の構築。
贈収賄・汚職防止ガイドライン運用強化の施策実行。
内部通報制度の強化に係る内部通報要領の改定。
[HSE]
コーポレート第三期HSE中期計画の策定。
重点目標及びコーポレートHSEプログラムに基づく活動推進。
ステークホルダー・コミュニケーションの強化

外部有識者とのダイアログの実施。
操業地域における環境・社会影響調査を通じたコミュニケーションの継続実施。
積極的な広報・IR活動を通じた情報開示。
各種調査機関への情報開示の強化と評価向上。

弊社のCSR活動に関するご意見・ご感想はこちら

このページのトップへ