編集方針

本サステナビリティレポートの位置付け

当社は、統合報告書を通じて、重要度の高い情報を集約し、長期にわたる価値創造のプロセスや、ESG(環境・社会・ガバナンス)における取組を報告しています。この「サステナビリティレポート」では、統合報告書やウェブサイト等で開示しているサステナビリティ及びESG関連情報を一元集約し、かつ複数のレポーティングガイドラインを参照の上、投資家、NGOの皆さまなど、当社に関するより広範な非財務情報を必要とするステークホルダーの皆さまに向けて、情報の一覧性を高めています。

報告対象期間

決算期に合わせ、本レポートの記載事項は原則として2020年1月1日~12月31日の期間を対象としています。
(一部の記載事項はこの期間の前後の内容を含みます)

対象範囲及び集計範囲

株式会社INPEX及び連結子会社
63社(2020年12月31日現在)
(本レポート内「当社」は、注記などによる言及がない場合、当社グループ全体を指します)

発行

2021年6月
(前回発行2020年7月 次回発行予定2022年6月)

参照ガイドライン

  • GRI(Global Reporting Initiative)Standards
  • ISO 26000
  • IPIECA Oil and gas industry guidance on voluntary sustainability reporting
  • Task Force on Climate-related Financial Disclosures(TCFD)
  • SASB(Sustainability Accounting Standards Board)Oil & Gas - Exploration & Production Standard
  • GRI Standards及びSASB Standards対照表はウェブサイトに掲載しています

当社の情報開示について

本レポ―トに掲載されていない財務情報や活動等は、以下の各種ウェブサイトに掲載しています。

免責事項

本レポートは、「株式会社INPEXとその関係会社」(当社)の過去と現在の事実だけでなく、将来に関する予測・予想・目標・計画なども記載しています。これらの予測・予想・目標・計画は、記述した時点で入手できた情報に基づいているため、これらには不確実性が含まれています。したがって、将来の事業活動の結果や将来に惹起する事象が、本レポートに記載した予測・予想・目標・計画とは異なる可能性があります。当社は、このような事態への責任を負いません。読者の皆さまには、この点を御承知いただき、本レポートをお読みいただくようお願い申し上げます。