HSEマネジメントシステム

基本的な考え方

当社の事業活動における「環境安全方針」の実行を確かなものにするために、ISO9001やISO14001等を参照してHSEMS規則を2007年度に策定、さらにこれを国際標準であるIOGP※1のOMS510に基づいて2017年度に改定しました。必要なHSE関連文書(規則、要領、指針等)の作成やHSE組織の整備、各事業本部へのHSE技術支援、HSE教育訓練、定期的なHSE監査やHSEレビューの実施、各種のHSEコミュニケーション活動を中心に、PDCAサイクルを意識したHSEMSの継続的改善と実施を継続しています。また国内最大の鉱業所である長岡鉱場では2003年度にISO14001の認証を取得し、現在も維持しています。

  1. ※1International Association of Oil and Gas Producers
    国際石油・天然ガス生産者協会

HSE重点目標及びHSEプログラム

HSEマネジメントシステムの構成図

HSE中期計画に沿って、毎年HSE重点目標を定めるとともに、HSEプログラムを策定し、目標達成のための進捗管理を行っています。

2020年度は、このHSE重点目標とHSEプログラムに基づき、HSE要領の新規策定並びに改定を合計で6件実施しました。リーダーシップ、リスク管理、継続的改善、そしてそれらの実施を基本原則としたシステム(右記HSEMSの構成図を参照)をベースに、2019年度にノンオペレータープロジェクトや各種事業にまで拡張し、より有効かつ一貫性のあるHSE活動に取り組んでいます。

HSE監査

HSEアシュアランス・ガバナンス強化の観点から、オペレータープロジェクトにおけるHSEMSの遵守状況を評価するために、定期的にHSE監査やHSEレビューを実施しています。2020年度は海外のオペレータープロジェクトを対象としたリスクベース方式※2によるコーポレートHSE監査を2件リモートで実施、さらに合計で6件のHSEレビューに参加しました。

  1. ※2リスクベース方式
    監査計画時に被監査組織のリスク要因を考慮し、重点監査項目を絞り込むこと

HSE教育訓練

2020年度は、講習会並びに訓練などにより、延べ927名・時間にわたってHSE教育訓練を実施しました。また若手エンジニアには、これとは別に労働安全管理やプロセスセーフティ・エンジニアリングに習熟するために、継続的に国内外での実践的な研修の機会を提供しています。

2021年2月にはHSE力量・訓練要領を改定し、各階層・役割に応じて必要となるHSE教育訓練を特定して、全社的に統一したHSE教育訓練を実施することとしました。

さらに、HSE要員向けには、OJTの機会や専門機関が主催する講習への参加などを通してHSE力量の向上を図るとともに、専門分野別の育成目標(ジョブコンピテンシープロファイル)を整備しています。2021年度も修正第三期コーポレートHSE中期計画の目標達成に向けて、実効性のある教育訓練プログラムの整備と実行に注力します。

HSEコミュニケーション

当社では、経営会議や定例取締役会でのHSE月次報告、また社内向けには事故調査で得られた事故の教訓(Learning from Incidents)の共有など、積極的なHSEコミュニケーション活動に取り組んでいます。2020年度に開催したHSE会議では、社長、コーポレートHSE委員会メンバー、国内外の組織の最高責任者、組合代表者らの参加のもと、各オペレータープロジェクトのHSE活動の報告に加え、各プロジェクトが抱えるHSEに係る課題を共有した上で、参加した経営陣がHSEに対するコミットメントを表明しました。

また、組織や個人の士気向上やHSE意識の高揚を図り、会社全体のHSE成績を向上させることを目的に、コーポレートHSE表彰を毎年実施しています。2020年度には、HSE優秀賞として団体1件、HSE活動賞として団体2件、個人3件、HSE特別賞として団体1件の計7件が表彰されました。

また、経営層がHSEへのコミットメントを示し、現場の作業に伴うリスクを直接理解した上で、INPEXバリューの一つである「安全第一」を実現するために、現場へのHSEマネジメントサイトビジットを実施しています。2020年度は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響で国内外への出張が難しく、ほとんどのビジットが中止になりましたが、12月に、会長とHSE担当役員による帝石パイプライン長野支所及び頸城支所へのサイトビジットを実施しました。長野支所は2020年度コーポレートHSE表彰において、2019年に発生した台風19号に伴うパイプライン災害の対応やその後の安定供給が評価され、優秀賞を受賞していることから、ビジットの際には、2019年に被災した現場の復旧工事の概要と今後の計画について説明を受けました。所員とも対話を行い、災害への対応やHSEへの取組を評価して感謝するとともに、新型コロナウイルス対策についても率直な意見交換を行いました。

この活動は、経営層と現場従業員の間でのHSEに関しての率直な意見交換、議論の機会となりました。

このほか、全従業員のHSE意識を啓発するために、定期的に「HSEハイライト」を発行し、社内で共有しています。加えて、当社のイントラネットに最新の安全指標データ、HSE文書、HSE委員会の議事録、HSE教育訓練の情報、事故情報、HSEアラート、セキュリティ情報、IOGPなどの国際的なHSE活動に関する情報も掲示して、全従業員が必要とするHSE情報に日常的にアクセスできる仕組みを構築しています。

また、産業安全に関わる各種シンポジウムへの参加、同業他社や異業種企業・外部団体・大学研究者等とのHSE交流を通じた産業界への貢献や情報交換等も行っています。

国内E&P 事業本部 東日本鉱業所 南阿賀鉱場
コーポレートHSE 表彰授賞式(本社と現地でのオンライン開催)

南阿賀鉱場は、日頃から鉱場長以下従業員が一丸となって二つの鉱山を管理しており、南阿賀鉱山は1986年7月より33年超の長きにわたり、南桑山鉱山は2009年8月より10年超にわたり無事故無災害を継続しています。加えて現場力向上に資する各種教育訓練を徹底しており、これらの実績より関東地方鉱山保安表彰も受賞、またコーポレートHSE表彰においてもHSE活動賞を受けました。

HSE文化の醸成

当社は10年超にわたり、HSEマネジメントシステムの整備、HSE教育訓練の実施、HSEコミュニケーションの促進などを通じ、会社のHSE文化の向上に努めてきました。これをさらに高いレベルに上げていくことを目指し、会社全体の、そして事業所ごとの文化醸成度を測ることを目的として、また今後取り組むべき具体的な施策を考える上での材料とするため、HSE文化に対するアンケート調査を実施しました。アンケート調査の設問は、これまで国内の化学プラントなどに適用されてきた「安全文化診断」を当社にも適用できるよう、開発した大学との共同研究により改良したものです。2020年10月より本社を含む国内外の事業所を対象に実施し、2,400名超の従業員より回答を得ました。この調査を2021年度中に分析し、各事業所の強み、弱みを把握して、今後のHSE文化の更なる醸成に役立てていく予定です。