コンプライアンス

基本的な考え方

当社は、企業の持続的な発展に必要不可欠なコンプライアンス体制を体系的に整備し、法令遵守・企業倫理の徹底に努めています。具体的には、当社全体で一貫した取組を推進するため、コンプライアンス委員会を設置し、コンプライアンスに関わる基本方針や計画の策定、重要事項の審議、コンプライアンス関係規程の適宜確認、コンプライアンス実践状況の管理を行っています。

また、「企業行動憲章」の下、業務を遂行する上で守るべき「行動基本原則」を実践できるよう、コンプライアンスを具現化するための遵守事項を規定した「行動規範」を定めており、役員及び従業員のコンプライアンス意識の向上を図っています。

なお、「行動基本原則」及び「行動規範」はそれぞれ当社取締役会及びコンプライアンス委員会の決議をもって制定しており、外部環境の変化や法規制の要請を踏まえて継続的に見直しを行っています。

贈収賄・汚職の防止

贈収賄・汚職に対する法規制が厳格化する中、当社は、世界約20か国でプロジェクトを展開する日本最大のグローバルカンパニーとして、贈収賄・汚職に対し、「Zero-tolerance(一切許容しない)」のポリシーを貫くことが重要と考え、全ての役員及び従業員に当社共通の価値観であるINPEXバリューの一つ「Integrity(誠実)」をもって行動するよう求めています。

贈収賄・汚職の防止に関しては、「行動規範」において、政治、行政との健全かつ正常な関係の構築(関係諸法令で認められる場合を除く政治寄附などの禁止)や、関係各国の贈収賄・汚職防止関連法令の遵守を定めており、政治活動に関する寄附は一切行っていません。

また、2011年12月から国連グローバル・コンパクトに参加し、腐敗防止へのコミットメントを表明しています。「行動規範」の下、「INPEX グループ グローバル贈収賄・汚職防止方針」及びそれに関する社内規程類を整備し、贈収賄・汚職防止に取り組んでいます。

マネジメント体制

コンプライアンスに関する重大な事案が発生した場合には、コンプライアンス担当役員やコンプライアンス委員会が迅速に対応策を検討、対処する体制を確立しています。コンプライアンス担当役員及びコンプライアンス委員会は、監査役や監査役会、会計監査人、内部監査部門である監査ユニット及び子会社などの、相当する機関又は部署と連携し、(1)コンプライアンスに関する施策の立案・実施、(2)実施状況のモニタリング、(3)コンプライアンス意識の啓発、(4)違反についての報告受付と調査、(5)違反に対する勧告とそのほかの対応、(6)違反の再発防止策の策定などを行っており、コンプライアンス担当役員はこれらについて取締役会に定期的かつ適宜報告しています。2020年度にコンプライアンスに関する重大な違反事例はありません。

そのほか、委員会と職場との連携を確保するため、各職場にコンプライアンス推進管理者及び担当者を配置し、職場の隅々までコンプライアンス意識の浸透・深化に努めています。

コンプライアンス体制図

コンプライアンス教育の推進

当社の一人一人にコンプライアンス活動を実践してもらうことを目的に、業務テーマ別、階層別のコンプライアンス研修を定期的に実施しています。2020年度に実施した研修の中には管理職向けハラスメント防止研修が含まれています。

また、海外事務所においては、各国の法令・文化に沿った「行動規範」を整備・運用し、グローバルなコンプライアンス体制の強化を進めています。国別の研修実績は、サステナビリティレポート2021の95ページ[PDF:6.71MB]に記載しています。

コンプライアンスクイック診断と
管理職向けハラスメント防止研修の実施

当社では、3年から4年に一度実施するコンプライアンス意識調査に加えて、2020年度にコンプライアンスクイック診断を実施しています。同診断はパワーハラスメント、セクシュアルハラスメント、コミュニケーションの3分類全11問で構成されています。診断結果を受けて、グループディスカッション等で構成する管理職向けハラスメント防止研修を行い、その中で部下に対するハラスメント防止や接し方の教育を実施しています。

問い合わせ・内部通報制度と社内外対応

当社は、国内外の拠点において、社内外の全てのステークホルダーからの問い合わせや苦情・通報に真摯に対応しています。

社内においては、公益通報者保護法に準拠した内部通報制度に基づくヘルプラインを設置しており、2020年6月には、ヘルプラインに加えて、経営上重大な贈収賄・汚職、独占禁止法違反、不正な会計処理の3つのリスク分野に受付分野を特化する現地語対応を備えたINPEXグローバルホットラインを設置し、当社国内外事務所の役員及び従業員を対象に運用しています。ヘルプライン窓口は社内及び社外(弁護士事務所)、INPEXグローバルホットラインは外部委託先に窓口を設け、通報は匿名で行うこともできます。なお、ヘルプラインの通報対象には差別、人権、ハラスメントに関する通報も含まれます。

また、通報者が不利益な扱いを受けないよう保護を徹底しています。さらに、常勤監査役に対し通報内容を速やかに報告するとともに、調査・対応結果を適時に報告することで、内部通報制度がより有効に機能するよう運営しています。

2020年度は社内窓口4件、社外窓口4件の通報があり、通報を受け次第、コンプライアンス委員会が、弁護士などの専門家によるアドバイスを踏まえつつ、「内部通報規則」に従い、適切に対処しました。なお、上記通報の中に、贈収賄・汚職、差別、人権侵害に関するコンプライアンス違反はありませんでした。国別の相談件数は、サステナビリティレポート2021の95ページ[PDF:6.71MB]に記載しています。

地域住民やサプライヤーを含む社外のステークホルダーからの意見等については、当社ウェブサイトに問い合わせ窓口を設置し、適時適切に対応しています。ウェブサイトに加えて、インドネシアでは、現地語での対応も行っています。また、オーストラリアでは、地域住民からの苦情については苦情対応手順に従って、ステークホルダーと協力して事実確認を行い、適切に対応しています※1。2020年には、オーストラリアにおいて、同手順が適用される苦情の受け付けはありませんでした。

  1. ※1地域住民からの意見への対応[PDF:6.71MB]

内部通報体制図

贈収賄・汚職防止(ABC)の取組

2014年10月にコンプライアンス委員会の承認を得て、「贈収賄・汚職防止ガイドライン(ABC※2ガイドライン)」を施行後、2017年度にガイドラインをABCポリシーに改定、手続要領を策定しています。

2015年度から、本社及び海外事務所に対するリスク評価を順次実施し、これらリスク評価の結果を受けた改善策の実行を通じて、ABC体制の整備と運用の強化に努めています。2020年度は、国内事務所でリスク評価を実施したほか、継続的に取り組んでいる新入社員及び中途社員コンプライアンス研修においてABC研修を実施しています。

そのほかグローバルなABCコンプライアンス体制の構築に向けて、パース、ジャカルタ事務所とのコンプライアンス活動の情報共有や意見交換を定期的に実施しています。加えて、2020年度は、10か国の海外事務所のコンプライアンス推進担当者との間でグローバルコンプライアンス会議を初めて開催し、ABC上の課題、取組事例等の意見交換を実施しました。

さらに、2019年4月、ABCに関する当社の姿勢を包括的に明示するため、「INPEXグループグローバル贈収賄・汚職防止方針」を策定の上、ウェブサイト上に公表しました。

なお、2020年度にABCに関する重大な違反や懲戒処分はありませんでした。

  1. ※2Anti-Bribery and Anti-Corruption
    贈収賄・汚職防止

EITIを通じた透明性向上の取組

当社は、2012年10月から、石油・天然ガス・鉱物資源の採取産業から資源産出国政府への資金の流れの透明性を改善し、健全性を向上することを目的とした多国間協力の枠組みであるEITI※3に参加し、その取組を支援しています。2020年12月末時点で、55の資源国、日本を含む多数の支援国、採取産業企業やNGO が参加しており、当社のプロジェクト実施国のうち、EITI参加国において関連するデータを提供しています。

  1. ※3Extractive Industries Transparency Initiative
    採取産業透明性イニシアティブ