サイトナビゲーション:

事業案内
OUR BUSINESS

再生可能エネルギー

再生可能エネルギーへの取り組みについて

当社は、社会に貢献するエネルギー企業として、石油・天然ガスの開発とその効率的な生産・供給を目指すとともに、次世代の成長を見据え、再生可能エネルギーの研究や事業化にも取り組んでいます。石油・天然ガス開発技術とのシナジーが期待できる地熱発電をはじめ、風力発電・太陽光発電などの再生可能エネルギーへの取り組みを強化し、新たなエネルギーの研究開発を意欲的に推進するなど、当社は今後も多様な再生可能エネルギー関連の事業化に向けて可能性を追求していきます。

地熱開発

地熱開発

地熱発電とは、地下にあるマグマの熱で温められた熱水を汲み上げ、地上で分離した蒸気によりタービンを回転させて発電するものです。地熱発電の特徴として発電時にCO2の排出が少なく、また、他の再生可能エネルギーと異なり天候や季節の影響を受けずに安定して発電できることから、貴重なクリーンエネルギーとして注目されています。

当社は国内における地熱開発の取り組みとして、2011年より、秋田県小安地域と北海道阿女鱒岳地域で地熱発電の事業化に向けた地熱資源調査を実施しています。
2013年から2017年にかけて、小安地域で計7坑、阿女鱒岳地域で計6坑の構造試錐井掘削による地熱資源調査を実施しました。2018年も引き続き、阿女鱒岳地域で調査井を掘削して仮噴気試験を行い、小安地域では試験井を掘削して噴気試験を実施するとともに、環境アセスメントを開始するなど事業化検討を行っています。
当社は、海外においても地熱開発に取り組んでおり、2015年6月にインドネシアスマトラ島北スマトラ州に位置するサルーラ鉱区において、単一開発契約としては世界最大規模の地熱発電所となるサルーラ地熱IPP(独立系発電事業者)事業に参画しました。同プロジェクトでは2017年3月に第1号機、2017年10月に第2号機、2018年5月に第3号機の商業運転をそれぞれ開始し、総出力約330MWで発電しております。発電した電力は、インドネシア国営電力公社へ売電しており、今後も30年間、同公社へ売電の予定です。

【INPEXグループの地熱開発】
当社子会社である「帝石削井工業株式会社」は、地熱井の掘削等の坑井掘削サービス事業を行っており、国内における地熱井の半数以上の掘削実績を有しています。

太陽光発電

INPEXメガソーラー上越

太陽光発電所の中で出力1メガワット以上の大規模な発電施設をメガソーラーと呼びます。東日本大震災以降、電力供給不安の解消に向けて太陽光発電への期待が高まり、広い土地に多くの太陽光パネルを並べたメガソーラーの建設が、国内各地で進められています。

当社は、新潟県上越市において当社グループ初となる太陽光発電所(最大出力2,000キロワット)を建設し、2013年より発電および売電を開始しました。また、2015年7月には、子会社であるインペックスロジスティクス(株)を通じて、当社グル―プとして2件目の太陽光発電(最大出力2,000キロワット)の稼働も開始しました。これら太陽光発電所の総称である「INPEXメガソーラー上越」の年間予想発電量は約533万kWh/年で、一般家庭約1,600世帯分の年間電力消費量に相当します。当社は今後も地域への安定的なエネルギー供給に貢献していきます。

風力発電事業

現在、国内における陸上風力発電事業の開発を推進しており、今後は、海底油・ガス田の探鉱・開発で培った技術を活かし、国内外の洋上風力発電事業の事業開発、事業参入についてパートナー戦略も含めて積極的に進めてまいります。

人工光合成技術

人工光合成技術組合

再生可能でクリーンなエネルギー資源として、近年水素への注目が集まっています。水素は燃焼後、水しか生成しないクリーンなエネルギー源であり、また、地球温暖化の主要因である炭酸ガスを反応させることにより、炭化水素燃料や化学品原料も作ることができるため、究極の再生可能エネルギー資源として期待されています。当社は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が委託する「人工光合成化学プロセス技術研究組合」に参加し、太陽エネルギーを利用して光触媒によって水を分解し、分離して得られた水素とCO2からプラスチック原料等基幹化学品の製造を目指す研究開発プロジェクトに取り組んでいます。再生可能エネルギーである太陽光と、工場などから排出されるCO2を有効活用することで、CO2排出量削減につながり、低炭素社会の実現に寄与することが期待されます。

このページのトップへ