東京ラインの誕生

東京ライン完成式東京ライン完成式 (東京都江東区)

昭和34年、新潟県の上越地方で、今までにない大きなガス田を国際石油開発帝石が発見しました。それが頸城(くびき)ガス田です。

ここから出る大量のガスを全国でつかうことができないだろうか。そんな考えから、ガスを運ぶためのパイプラインをつくることになりました。翌年、新潟県内のガス田と頸城ガス田がパイプラインでつながり、昭和37年には、東京ラインが完成しました。

長野県 坂中峠付近峠の急な坂道でも
ガスを安全に運びます
(長野県 坂中峠付近)

東京ラインは、沿線の都市にガスを供給しながら、新潟から東京までガスを運ぶものです。

長さは約330km。日本海側から太平洋側へと本州を横断しながらつづいています。その間、1000mもの高い山をこえ、川をわたり、多く町の中を通っています。

パイプラインのルートは、最も経済的で、管理がしやすく、しかも用地取得が容易な場所を選びました。土木工事はほとんど人の力でおこなわれ、工事にたずさわった人は、のべ50万人にものぼりました。

多くの人の力にささえられ、無事に完成したパイプラインはいまも、クリーンな天然ガスを供給しつづけています。

見たい項目をクリックしてください

東京ラインが完成するまでのできごとを、写真で見ることができます。

ルートマップ

p1

p1

p1

p1

p1

p1

p1

p1

p1

【国際石油開発帝石の東京ライン 昭和37年完成当時のルート】

わたしたち国際石油開発帝石は、東京ラインのほかにも、さらにパイプライン網をひろげ、現在、総延長は約1,400kmに達しています。