Q1. 塔のような建物、あれはなに?

あれは天然ガスを取り出す井戸を掘るための「やぐら」だよ。

地中深く存在している天然ガスをとるためには、井戸を掘らなければなりません。
そして何千メートルもの深い井戸を掘るためには、長いパイプを何本も
つぎたす必要があります。 ▼つづきを読む

やぐらは、その長いパイプをつないだり、地中に降ろすための設備です。
井戸を掘るためのパイプを引き上げたり降ろしたりする、
垂直に固定されたクレーンのような働きをします。 ▲もう一度読む

more
pagetop

Q2. どうやって掘っていくの?

先に刃をつけたパイプをつなげ、回転させて掘り進むんだよ。

パイプの長さは1本約10m。パイプの先には「ビット」と呼ばれる刃が
ついていて、回転とパイプの重さを利用して掘り進むんだ。
▼つづきを読む

ビットの刃先には、固い岩でもくだくことのできる超硬合金のチップや、
細かな粒になったダイヤモンドがついているものもあり、大きさもさまざま。
▼つづきを読む

掘る穴の大きさや掘り進む場所の土の固さに合ったビットを使い、
例えば3000mの深さを掘るためには、約60個ものビットを使うんだよ。
▲もう一度読む

more
pagetop

Q3. 掘った土はどうやって地上に運ぶの?

泥水(でいすい)を送り込み、土や石などの掘りくずと一緒に
地上まで運ぶんだよ。

泥水といってもただの泥んこではないよ。最先端の技術がつぎこまれた特殊な液体なんだ。地下を掘って出た土や石などの掘りくずを運ぶほか、掘った穴の壁を補強したり、地下で掘り進んでいるビットやパイプを冷やしたりする役目もある!
▼つづきを読む

泥水は地上のタンクでつくった特殊な泥水を、強力なポンプでパイプの中に
送りこみ、ビットの先からいきおいよく吹き出させるんだ。そして、掘りくずと
一緒になった泥水をパイプの外側を通して、地上に戻るんだよ。
▼つづきを読む

戻された泥水は掘りくずをとりのぞき、またパイプの中へ。
泥水はくり返し使われるんだ。
▲もう一度読む

more
pagetop

Q4. そんなに深く掘って、どうしてくずれてこないの?

土のくずれをおさえて、井戸を守るために、地下を掘っていたビット付きのパイプをいったん取り出し、別の太い鉄パイプを設置して、くずれないようにするんだ。このパイプを「ケーシングパイプ」と呼んでいるよ。

ケーシングパイプは、掘った穴の大きさに合わせて
太いものから細いものへと、何種類か使い分けられているんだ。
ケーシングパイプと土の間はセメントで固めるよ。
▼つづきを読む

井戸がガスのありそうな場所まで掘り進んだら、ガスがありそうな層にだけ
火薬を使ってケーシングパイプに穴をあける。
▼つづきを読む

そこにガスがあれば、ガスは地下から地上に向かってものすごい勢いで
ふき出すんだよ。長い年月をかけて地球がつくり出した資源が、
地下の眠りからよみがえる瞬間だ!
▲もう一度読む

pagetop

Q5. 海の底に眠る天然ガスはどうやって掘るの?

海に浮かぶ特殊な装置から海中に掘り進んで探すんだ。

海の底にある天然ガスを探すときには、「海洋掘削(くっさく)リグ」と呼ばれる海に浮かぶ装置からドリルパイプを海中におろし、陸上で探すときと同じように、海底を掘って探していくんだよ。

more