Development Concept開発コンセプトの全体像

concept_img
開発コンセプトの概要
生産量(予定) LNG年間約890万トン
LPG年間約160万トン
コンデンセート日量約10万バレル(ピーク)
開発井(海底仕上げ) Brewster部層30坑、Plover層20坑
ガス層深度 約4,000m~4,500m
沖合生産施設 CPF、FPSO、SPS、ガス輸送パイプライン、
フローライン、フレキシブルライザーなど
海底パイプライン 42”パイプライン約890kmの敷設
陸上施設(ダーウィン) LPG、LNG、コンデンセートを生産、貯蔵、出荷
陸上貯蔵施設 LNGタンク:2 × 165,000㎥
C3(プロパン)タンク:1 × 85,000㎥
C4(ブタン)タンク:1 × 60,000㎥
コンデンセート:2 × 60,000㎥
concept_map

Central Processing Facility

イクシスガス・コンデンセート田から産出された生産物をガスとコンデンセートに分離・処理を行う施設。
日量最大1,657百万立方フィートのガスの処理が可能。大きさは約150メートル×約110メートル、総排水量は14万トンと、半潜水式の海上生産施設としては世界最大規模。

CPF

Floating Production Storage & Offloading

CPFにて一次処理したコンデンセートを受け入れ、貯蔵し、タンカーへ出荷する施設。
長さ約336メートル、幅約59メートルと大型原油タンカーに匹敵する大きさで、100万バレル超の原油貯蔵能力を持つ。貯蔵された日量8.5万バレル(ピーク時)のコンデンセートをFPSOから出荷。

FPSO

Gas Liquefaction Plant

パイプラインを通じて運ばれた天然ガスからコンデンセートとLPGを抽出し、残る天然ガスを冷却し、液化する施設。陸上ガス液化プラントでは、LNG年間約890万トン、LPG年間約160万トンに加え、コンデンセート日量約1.5万バレル(ピーク時)を生産・出荷予定。

GLP

Subsea Production System (SPS)

生産井から産出された生産物は、生産マニフォールドに集められ、専用パイプであるフローライン・フレキシブルライザーを通じてCPFに送られる。

GLP

100,000bbl/d

イクシスガス・コンデンセート田は、液分が非常に多いガス・コンデンセート田であり、FPSOおよび陸上ガス液化プラントから出荷されるコンデンセートは、合計で日量約10万バレル(ピーク時)になる。これは、現在オーストラリアで生産されている油田の中でも最大規模となる。

8,900,000t/y

イクシスLNGプロジェクトで生産予定のLNGは、年間約890万トン。これは、日本の年間輸入量の約1割に相当する規模。生産されたLNGのうち、約7割が日本買主に出荷される。

890km

ガス・輸送パイプライン

沖合・生産処理施設からダーウィンの陸上ガス液化プラントにいたる全長約890kmの天然ガスパイプライン。
敷設ルートの水深は最大約250m、パイプラインの口径は42インチ。