サイトナビゲーション:

CSR
CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

従業員

基本的な考え方

グローバル企業として責任ある経営を持続的に強化していくためには、働く人材の多様化とグローバルに価値観を共有できる人材の育成が重要であると考えています。その実現に向けて人事部門では、当社全体を包括し4つの柱からなる「INPEX HR VISION」を制定しています。この4つの柱を中核として各種人事施策をグローバルな視点で推進し、従業員の能力向上をチームとしての高い成果の実現へとつなげることで、高い国際競争力を有する組織づくりを目指します。その取組の一つとして、2014年4月に当社の全ての役員及び従業員共通の価値観となる「INPEXバリュー」を制定し、国内外の各拠点で様々な背景を持つ従業員への浸透を図り、当社全体の一体感醸成につなげています。

INPEX HR VISION

↓この図は右から左へスクロールが可能です

目標と実績

↓この図は右から左へスクロールが可能です

重要課題 2016年度目標 2016年度実績 2017年度目標
人材育成と公正な評価
  • グローバル人事会議の継続開催
  • INPEXバリュー浸透策の継続
  • INPEXバリューに関する社内アンケート実施
  • バリュー実践事例の社内共有:事例集・ハンドブックのイントラネット公開
  • グローバル人事会議の継続開催
  • INPEXバリュー浸透策の継続
ダイバーシティの推進
  • 女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の推進
  • ダイバーシティの継続的推進(女性従業員、外国人従業員、障がい者雇用の推進)
  • 社内報における女性活躍に関する特集記事の掲載
  • 女性従業員、外国人従業員、障がい者の積極的雇用
  • バリアフリー相談窓口の設置
  • 女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の改定
  • ダイバーシティの継続的推進(女性従業員、外国人従業員、障がい者雇用の推進)

Case Study

女性活躍推進に向けた取組

当社で活躍している女性社員は増加傾向にあり、会社として女性の就労意欲をサポートする体制の構築をより一層進めるとともに、制度面のみならず従業員の意識向上も図っています。これに関連し、2016年7月発行の社内報では、女性の活躍にスポットを当て、国内外で働く女性社員の特集記事を掲載しました。ここでは、幹部社員、一般社員、事務系、技術系など様々な立場で働く様々な国籍の女性社員に、自身の仕事への取り組み方、やりがい、課題とその克服方法などについてのエピソードや今後の展望を語ってもらいました。 この社内報の特集記事は、ワークライフバランス、ダイバーシティ、異文化理解など国際社会が抱える共通課題に応える内容であり、女性社員が職場でイキイキと活躍する様子が伝わり、ほかの女性社員にとってロールモデルとしての目標を示唆する優れた企画と評価され、2016年度「経団連推薦社内報」の特定テーマ部門(女性活躍推進)において「企画賞」を受賞しました。

関連リンク

弊社のCSR活動に関するご意見・ご感想はこちら

このページのトップへ