サイトナビゲーション:

CSR
CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

事業活動におけるCSR

バリューチェーン全体で社会的責任を着実に果たし、持続可能な社会づくりに貢献します

当社は地域社会を始めとするステークホルダーとの丁寧なコミュニケーションに努め、信頼関係を築きながら事業を進めています。事業の拡大とともに、社会やステークホルダーに対する責任も大きくなります。その中で当社は、事業活動における安全確保、環境保全、雇用の創出、人権への配慮、文化や習慣の尊重、地域社会への貢献などの社会的責任をバリューチェーンのプロセスごとに着実に果たすことで持続可能な社会づくりに貢献します。

↓この図は右から左へスクロールが可能です

CSR重点テーマ: icon06ガバナンス icon01コンプライアンス icon02HSE icon03地域社会 icon04気候変動対応 icon05人材育成

鉱区の取得

対象地域の事前調査、権益に関わる契約
交渉を行い、探鉱・開発権などを取得

PHASE 1

  主な活動内容 主なステークホルダー CSR面での主な配慮項目 関連の深い
CSR重点
テーマ
pix1
  • 対象地域の事前調査
  • 入札/鉱区権益にかかわる契約の交渉
  • 探鉱・開発権などの取得
  • 産油・産ガス国
  • プロジェクトパートナー
  • コントラクター
  • 従業員
  • 現地法令の遵守
  • 鉱区取得時の産油国への贈収賄の防止
  • 鉱区取得に関する積極的な情報開示
ガバナンス
コンプライアンス
従業員

biz02

探鉱・評価

地下に存在する石油や天然ガスを最先端
の技術を使用し、探査、埋蔵量を評価

PHASE 2

探鉱プロジェクト数:30 うちオペレータープロジェクト:7

  主な活動内容 主なステークホルダー CSR面での主な配慮項目 関連の深い
CSR重点
テーマ
pix2
  • 地表/地質調査(地震探査、海底探査)
  • 試掘井(原油・天然ガスの有無を調べるための井戸)の掘削
  • 生産テスト、原油・天然ガスの発見
  • 評価井(原油・天然ガス田の広がりを調べるための井戸)の掘削
  • 埋蔵量の評価
  • 商業性の有無の総合的判断
  • 産油・産ガス国
  • プロジェクトパートナー
  • コントラクター
  • 地域社会
  • NGO
  • 従業員
  • 環境・社会影響調査の実施、環境許認可取得
  • 探鉱作業における安全確保、社会・環境への配慮
  • 地域ステークホルダーとのコミュニケーション
ガバナンス
コンプライアンス
HSE
地域社会
人材育成

biz03

開発・開発準備作業

開発に向けた準備作業、リグ(掘削装置)
による井戸の掘削、石油や天然ガスの
採取設備の建設

PHASE 3

開発/開発準備作業中プロジェクト数:2 うちオペレータープロジェクト:2

  主な活動内容 主なステークホルダー CSR面での主な配慮項目 関連の深い
CSR重点
テーマ
pix3
  • 開発に向けた準備作業
  • 生産井(原油・天然ガスを生産するための井戸)の掘削
  • 生産/出荷設備(生産プラント/パイプラインなど)の建設
  • 産油・産ガス国
  • プロジェクトパートナー
  • コントラクター
  • 地域社会
  • NGO
  • 従業員
  • 環境・社会影響調査の継続、モニタリングの実施
  • 開発作業における安全確保、社会・環境への配慮
  • 公正・公平な資機材調達
  • 現地雇用の創出
  • 地域ステークホルダーに対する社会支援策の立案
ガバナンス
コンプライアンス
HSE
地域社会
人材育成

biz04

生産

採り出した石油や天然ガスを
製品とするために精製・処理

PHASE 4

生産プロジェクト数:32 うちオペレータープロジェクト:2

  主な活動内容 主なステークホルダー CSR面での主な配慮項目 関連の深い
CSR重点
テーマ
pix4
  • 生産・操業管理
  • 産油・産ガス国
  • プロジェクトパートナー
  • コントラクター
  • 地域社会
  • NGO
  • 従業員
  • 生産操業における安全確保、社会・環境への配慮
  • 温室効果ガスの排出管理
  • 従業員及びコントラクターの労働安全衛生管理
  • 地域ステークホルダーに対する社会支援策の実施
  • 事業撤退時の環境・社会影響評価と地域住民とのコミュニケーション
ガバナンス
コンプライアンス
HSE
地域社会
気候変動対応
人材育成

biz05

輸送・販売

製品となった石油や
天然ガスを出荷、輸送

PHASE 5

輸送(他)プロジェクト数:1 うちオペレータープロジェクト:0

  主な活動内容 主なステークホルダー CSR面での主な配慮項目 関連の深い
CSR重点
テーマ
pix5
  • 出荷・輸送管理
  • マーケティング、販売(原油/コンデンセート/LPG/天然ガス/LNGなど)
  • コントラクター
  • 地域社会
  • NGO
  • お客さま
  • 従業員
  • 安定的かつ効率的なエネルギー供給
  • 製品の品質・安全管理
  • 輸送における安全確保、社会・環境への配慮
  • 顧客や消費者との対話
  • 施設見学などを通じたエネルギーに関する教育、啓発
ガバナンス
コンプライアンス
HSE
地域社会
気候変動対応
人材育成

*プロジェクト数:2017年6月末現在




事業活動におけるCSR関連指標

↓この図は右から左へスクロールが可能です

安全指標
 
温室効果ガス
年間排出量
再生可能エネルギー
年間発電量
オーストラリア地元
企業への累計発注額
LTIF
0.11 (目標0.17)
TRIR
0.97 (目標0.91)
644 千トン-CO2
FY2015:
791千トン-CO2
12,289 MWh
FY2015:
4,890MWh
170 億豪ドル以上
 
弊社のCSR活動に関するご意見・ご感想はこちら

このページのトップへ