サイトナビゲーション:

会社情報
CORPORATE PROFILE

環境安全方針

私たち国際石油開発帝石株式会社グループは、エネルギーの安定的かつ効率的な供給を実現しつつ、社会の持続可能な発展に貢献することが当社の重要な社会的責務と考えています。その責務を果たすため、以下に定めた項目を確実に実行することを宣言し、当社に関係する全ての人々の安全を確保するとともに健康を守り、地域と地球の環境保全に努めます。

  • 労働安全衛生と環境保全について、適用される全ての法令及び自主基準を順守します。
  • マネジメントシステムを適切に運用し、法令及び自主基準の順守状況と諸活動の進捗状況を定期的に監査することにより、労働安全衛生と環境の継続的な改善に努めます。
  • 潜在する危険・有害要因を事前に評価することでリスクを排除または管理し、事故・災害の発生防止に努めます。
  • 省エネルギー対策を推進するとともに、環境負荷要因を事前に評価し管理することで、汚染物質の排出量削減等、環境負荷の低減に努めます。
  • 緊急時対策を定めて定期的な訓練を実施するとともに、万一の場合には被害を最小限に抑えるため、迅速かつ適切な措置を講じます。
  • 労働安全衛生と環境保全の取組のために適切な経営資源を投入します。
  • 労働安全衛生と環境保全並びに交通事故防止には、従業員一人一人の自覚が大切であるとの認識のもと、これらに関する啓発・教育を実施します。
  • 当社の業務に従事する全ての事業者に対しては、当社の環境安全方針の順守を求め、協力して事故・災害の発生防止と環境負荷の低減に努めます。
  • 当社の労働安全衛生と環境保全に関する取り組みについて情報を開示し、広く社会とのコミュニケーションを図ります。
2010年6月23日
国際石油開発帝石株式会社 代表取締役社長 北村俊昭

このページのトップへ