サイトナビゲーション:

事業案内
OUR BUSINESS

日本 託送供給について

託送供給とは、ガスを供給する事業者(託送供給依頼者)のガスを、当社の導管で受け入れて、同時に受け入れた場所以外の地点で受け入れた量と同量のガスを当社の導管から供給するサービスです。

当社が託送供給サービスを実施する導管につきましては以下をご覧下さい。
導管余力はピーク時、実績及び予測に基づいて計算したもので、託送供給の条件等によって異なります。

託送供給に関する詳細は以下の託送供給約款をご覧下さい。

導管ネットワーク利用における公平性・透明性確保のための取り組み

当社は、託送供給サービスの実施にあたり、導管ネットワーク利用の公平性・透明性を確保するために、託送供給業務取扱細則(PDF 149KB)PDFファイルを定め、これを遵守してまいります。なお、本細則の遵守状況にかかる管理責任者はガス供給ユニットジェネラルマネージャーといたします。また、託送供給サービスに関する業務の実施にあたっては、託送供給関連業務を担当する「ガス供給ユニットパイプライングループ」を設置し、当社営業部門とは情報遮断する体制としております。

託送供給等の業務に関する会計整理等

旧ガス事業法第三十七条の八において準用する同法第二十二条の三の規定に基づき、託送供給収支を以下のとおり公表いたします。

供給計画

ガス事業法第八十一条第三項の規定に基づき、供給計画の第1表「年度別の需給計画表(ピーク時需要量等)」及び第8表「主要導管図」を以下のとおり公表いたします。

ガスパイプライン・ネットワークに投入した輸入LNG気化ガスの総量

605,766千m3-41.8605MJ

(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)

託送供給サービスに関するお問い合せ

託送供給サービスに関するお申込み、お問い合せは下記当社窓口にて承ります。

  • 国際石油開発帝石株式会社 国内エネルギー事業本部 ガス供給ユニット パイプライングループ
  • 所在地:新潟県上越市八千浦12
  • 電話:025-545-2235
  • インターネットでのお問合わせは、こちらのフォームからお願いいたします。

このページのトップへ

このページのトップへ