サイトナビゲーション:

事業案内
OUR BUSINESS

インドネシア

セブク鉱区ルビーガス田

↓この表は右から左へスクロールが可能です

契約地域(鉱区) 作業状況
(生産量、2017年3月期平均、全鉱区ベース)
事業会社(設立) 権益比率(*オペレーター)
(2017年6月末時点)
セブク 生産中
-天然ガス:日量77百万cf
インペックス南マカッサル石油株式会社
(2010年5月17日)
同社15%
*PEARL OIL(Sebuku) Ltd. 70%
TOTAL 15%

当社は、2010年9月にインドネシア南マカッサル海域セブク鉱区権益の15%を取得しました。その後、同鉱区のルビーガス田の開発作業を進め、2013年10月に同ガス田からの天然ガスの生産を開始しました。生産した天然ガスは、洋上生産施設から海底パイプラインによりマハカム沖鉱区からの生産物が集積されている既存陸上施設へ輸送し、さらに陸上パイプラインを経由して主に東カリマンタン地域の肥料工場向けに供給しています。

地図:セブク鉱区ルビーガス田

アバディLNGプロジェクト

↓この表は右から左へスクロールが可能です

契約地域(鉱区) 作業状況 事業会社(設立) 権益比率(*オペレーター)
(2017年6月末時点)
マセラ 開発準備中 インペックスマセラアラフラ海石油
株式会社
(1998年12月2日)
*同社 65% Shell 35%

当社はインドネシア政府の公開入札により、1998年11月にマセラ鉱区の100%権益を取得しました。その後、オペレーターとして探鉱作業を推進し、2000年に掘削した試掘第1号井によりアバディガス田を発見しました。アバディガス田の発見を受け、2002年に2坑、2007年から2008年にかけて4坑の評価井掘削作業を実施し、いずれもガス・コンデンセート層の広がりを確認しました。

2010年12月に、LNG年産250万トンをフローティングLNG(FLNG)方式で開発する第一次開発計画(POD-1)がインドネシア政府より承認され、その後、2012年11月から2014年11月にかけて海底生産施設及びFLNGの基本設計(FEED)作業を実施しました。

また、開発可能埋蔵量の増加を図るため、2013年から2014年にかけて追加評価井3坑を掘削した結果、天然ガス埋蔵量の増大が確認され、インドネシア当局から承認を得ました。

この埋蔵量の増大等を踏まえたコンセプトの見直しの結果、大型FLNG方式による開発が最適と考え、2015年9月にLNG年産750万トン規模のFLNGによる改定開発計画をインドネシア政府当局に提出しましたが、2016年4月に同政府当局より陸上LNG方式による開発計画に変更すべく再検討を求める内容の通知を受領しました。当社としては、早期のプロジェクト実現を目指していくとの方針を維持し、技術的、経済的に最も合理的な選択を行ってプロジェクトを進めていく方針です。こうした基本方針に則り、陸上LNG方式を軸としたアバディガス田の最適開発についてインドネシア政府とこれまでの建設的な協議結果を踏まえ、概念設計(Pre-FEED)開始に係る準備作業を開始しました。

地図:アバディLNGプロジェクト
図:開発イメージ図

アバディの掘削船

タングーLNGプロジェクト(ベラウ鉱区)

↓この表は右から左へスクロールが可能です

契約地域(鉱区) 作業状況
(生産量、2017年3月期平均、全鉱区ベース)
事業会社(設立) 権益比率(*オペレーター)
(2017年6月末時点)
ベラウ 生産中
-原油:日量6千bbl
-天然ガス:日量1,023百万cf
MI Berau B.V.
(2001年8月14日)
同社 22.856%
*BP 48.0%
日石ベラウ 17.144%
KGベラウ 12.0%
タングーユニット 同社 16.3%
*BP 40.22%
CNOOC 13.9%
日石ベラウ 12.23%
KGベラウ 8.56%
LNG Japan 7.35%
KGウィリアガール 1.44%

当社と三菱商事(株)が共同出資で設立したMI Berau B.V.社は、2001年10月にベラウ鉱区の権益を取得しました。その後、2007年10月に三菱商事(株)と共同出資で設立したMIベラウジャパン(株)を通じたケージーベラウ石油開発(株)の株式取得により、タングーLNGプロジェクトに保有する当社分の実質的な権益比率を約7.79%に増加させています。

タングーLNGプロジェクトは、2005年3月にプロジェクトの開発計画及び生産分与契約の延長(~2035年)がインドネシア政府に承認され、その後、開発作業を行い、2009年7月よりLNGの出荷を行っています。

また、2016年7月にタングーLNG拡張プロジェクトに対する最終投資決定を行ないました。本プロジェクトは、現在年間760万トンを生産している液化設備二系列に、年間380万トンの生産能力を有する第三液化系列を増設するもので、2020年中の生産開始を目指します。

地図:ベラウ鉱区 タングーLNGプロジェクト
出荷施設

出荷施設

このページのトップへ