サイトナビゲーション:

事業案内
OUR BUSINESS

オーストラリア・チモール海共同石油開発地域

※JPDA:チモール海共同石油開発地域

イクシスLNGプロジェクト、および周辺鉱区

↓この表は右から左へスクロールが可能です

契約地域(鉱区) 作業状況 事業会社(設立) 権益比率(*オペレーター)
(2016年6月末時点)
WA-50-L 開発中 INPEX Ichthys Pty Ltd
(2011年4月5日)
*同社 62.245%
TOTAL 30.000%
CPC 2.625%
東京ガス 1.575%
大阪ガス 1.200%
関西電力 1.200%
JERA 0.735%
東邦ガス 0.420%
WA-51-L
WA-285-P 探鉱中 INPEX Browse E&P Pty Ltd.
(2013年10月21日)
WA-343-P *同社 60% Total 40%
WA-56-R 探鉱中
(油・ガスの胚胎を確認)
*同社 60% Total 40%
AC/P36 探鉱中 *同社50% Murphy50%
WA-494-P *同社100%
WA-274-P/
WA-58-R
探鉱中
(油・ガスの胚胎を確認)
同社20%
*Santos30%
Chevron50%
WA-281-P 探鉱中
(油・ガスの胚胎を確認)
同社 20.0000%
*Santos 47.8306%
Chevron 24.8300%
Beach 7.3394%
WA-57-R 探鉱中 同社 20%
*Santos 30%
Chevron 50%
WA-502-P 同社 40% *Santos 60%
WA-504-P 同社 40% *Santos 60%
WA-513-P 同社 40% *Santos 60%
WA-514-P 同社 40% *Santos 60%

当社は、1997年の公開入札にてWA-285-P鉱区(西豪州キンバリー地区の沖合約200km)に応札し、1998年8月に同鉱区の探鉱権を取得しました。2000年3月から実施した第一次掘削キャンペーンにて試掘井3坑を掘削したところ、同鉱区にてガス・コンデンセートの存在を確認しました。以降、三次元地震探鉱作業、第二次掘削キャンペーン、追加2坑井の掘削等を実施し、これらの作業により商業開発に十分なガス・コンデンセートの可採埋蔵量を確認しました。その後、2009年より開発移行にあたっての基本設計作業、政府許認可の取得、LNGのマーケティング活動等を実施、2012年1月に最終投資決定(FID)を行い、本格的な開発作業に移行しました。

2016年3月時点の作業進捗率は約84%となっています。沖合施設については、引き続き沖合生産・処理施設(CPF)、沖合生産・貯油出荷施設(FPSO)の建造作業を進めており、双方ともトップサイドモジュールの搭載を完了し、現在、内部工事や作動試験を行っています。なお、CPFおよびFPSOを洋上に係留するためのチェーンは、2016年4月に設置を完了しています。その他の沖合関連作業として、イクシスガス・コンデンセート田からダーウィンの陸上施設を結ぶ全長約890kmのガス輸送パイプラインは、2015年11月に敷設作業を完了しました。また、生産井の掘削作業を継続しています。陸上施設については、1基目のトレイン(天然ガス液化施設)の全モジュールの搬入設置を終え、現在、接続作業を実施しています。また、2016年6月時点で合計200を超えるモジュールの9割の設置を終えています。沖合施設・陸上施設ともに運転開始に向けて、安全に最大限の注意を払いつつ、同時にさまざまな作業を進めています。

当社はイクシスガス・コンデンセート田周辺に12の探鉱鉱区を保有し、現在探鉱活動を実施しています。このうち3鉱区(WA-56-R、WA-281-P、WA-274-P)ですでにガスの発見をしており、これらの発見について現在評価作業を行っています。今後の探鉱・評価作業により相当量の原油・天然ガスが確認された場合には、イクシスLNGプロジェクトとの相乗効果など、事業のさらなる拡大が期待されます。

地図:イクシスLNGプロジェクト、および周辺鉱区 イクシスサイト

イクシスLNGプロジェクト紹介サイトへ

沖合生産・貯油出荷施設(FPSO)の建造作業の様子

陸上ガス液化プラント全景

プレリュードFLNGプロジェクト(WA-44-L鉱区)

↓この表は右から左へスクロールが可能です

契約地域(鉱区) 作業状況 事業会社(設立) 権益比率(*オペレーター)
(2016年6月末時点)
WA-44-L 開発中 INPEX Oil & Gas Australia Pty Ltd
(2012年2月28日)
同社 17.5%
*Shell 67.5%
KOGAS 10.0%
CPC 5.0%

当社は、2012年6月にShell社が豪州北西部沖で開発中のプレリュードFLNGプロジェクトの権益17.5%を取得しました。プレリュードFLNGプロジェクトは、西豪州ブルーム市の北北東約475kmの沖合にあるWA-44-L鉱区のプレリュードガス田およびコンチェルトガス田より、LNG年間360万トン、LPG年間約40万トン(ピーク時)、コンデンセート日量約3.6万bbl(ピーク時)をFLNG方式により生産・液化・出荷するプロジェクトです。

オペレーターのShell社は、2011年5月に世界初となるFLNG方式による最終投資決定を行いました。2007年はじめのプレリュードガス田発見からおよそ10年での生産開始を目標とし、現在開発作業を進めています。

地図:プレリュードFLNGプロジェクト(WA-44-L鉱区)
プレリュードFLNGプロジェクト

FLNG船

ヴァンゴッホ油田、ラベンスワース油田ほか

↓この表は右から左へスクロールが可能です

契約地域(鉱区) 作業状況
(生産量、2016年3月期平均、全鉱区ベース)
事業会社(設立) 権益比率(*オペレーター)
(2016年6月末時点)
WA-35-L
(ヴァンゴッホ限定エリア)
生産中
-原油:日量15千bbl
アルファ石油株式会社
(1989年2月17日)
同社47.499%
*Quadrant 52.501%
WA-35-L&WA-55-L鉱区 同社47.499%
*Quadrant 52.501%
WA-43-L
(ラベンスワース油田)
生産中
-原油:日量11千bbl
同社 28.5%
*BHPBP 39.999%
Quadrant 31.501%
WA-155-P(PartⅡ) 探鉱中 同社 18.670%
*Quadrant 40.665%
OMV 27.110%
JX 7.000%
Tap 6.555%
  • 地図:ヴァンゴッホ油田、ラベンスワース油田ほか
  • ヴァンゴッホ油田、ラベンスワース油田ほか

    ヴァンゴッホFPSO船

当社が1999年7月に取得した西豪州沖合WA-155-P(PartⅠ)鉱区では、その後の探鉱作業でヴァンゴッホ油田およびラベンスワース油田が発見され、それぞれWA-35-L、WA-43-L鉱区として生産ライセンスを取得しました。その後、2010年2月、8月からそれぞれの油田で原油の生産を開始しています。WA-35-L鉱区、およびWA-55-L鉱区にまたがるコニストン油田では、2011年12月から開発作業を行い、2015年5月に原油の生産を開始しました。

バユ・ウンダンプロジェクト(JPDA03-12鉱区)

↓この表は右から左へスクロールが可能です

契約地域(鉱区) 作業状況
(生産量、2016年3月期平均、全鉱区ベース)
事業会社(設立) 権益比率(*オペレーター)
(2016年6月末時点)
JPDA03-12 生産中
-原油:日量21千bbl
-天然ガス:日量586百万cf
(井戸元の生産量ではなく買主への販売に対応した数量)
-LPG :日量13千bbl
サウル石油株式会社
(1993年3月30日)
同社19.2458049%
*ConocoPhillips 61.3114766%
Santos 19.4427185%
バユ・ウンダンユニット 同社 11.378120%
*ConocoPhillips 56.943372%
Eni 10.985973%
Santos 11.494535% 
Tokyo Timor Sea Resources(東京電力/東京ガス) 9.198000%

当社は1993年4月に豪州と東チモールの共同管理下にあるチモール海共同石油開発地域(JPDA)のJPDA03-12鉱区の権益を取得しました。その後の探鉱作業を通じて複数の原油・ガスを発見し、そのうち、ウンダン構造では、隣接する JPDA03-13鉱区のバユ構造と一体であることが判明したため、両鉱区の権益保有者が1999年にユニタイゼーションを行い、バユ・ウンダン・ガスコンデンセート田として共同開発を開始しました。その後、同プロジェクトでは2004年よりコンデンセートおよびLPG、2006年2月よりLNGを生産・出荷しています。

地図:バユ・ウンダンプロジェクト(JPDA03-12鉱区)
バユ・ウンダンプロジェクト

バユ・ウンダン海上生産施設

このページのトップへ