サイトナビゲーション:

事業案内
OUR BUSINESS

米州

カナダ: シェールガスプロジェクト

↓この表は右から左へスクロールが可能です

契約地域(鉱区) 作業状況 事業会社(設立) 権益比率(*オペレーター)
(2016年6月末時点)
ホーンリバー
コルドバ
リアード地域
一部生産中 INPEX Gas British Columbia Ltd.,
2011年11月28日設立)
同社 40%
*NEXEN 60%
地図:シェールガスプロジェクト

当社は、2012年8月にカナダ・ブリティッシュ・コロンビア州のホーンリバー、コルドバおよびリアードの各地域に保有するシェールガス鉱区について、Nexen社より、各鉱区の40%の権益を取得しました。

現在一部生産中であり、今後、さらなる開発作業を進めてまいります。また、当社は、産出したシェールガスをLNG化し、カナダ西海岸より輸出するための事業化検討スタディを実施しています。

シェールガスプロジェクト

掘削現場


米国: メキシコ湾周辺鉱区等

↓この表は右から左へスクロールが可能です

契約地域(鉱区) 作業状況
(生産量、2016年3月期平均、全鉱区ベース)
事業会社(設立) 権益比率(*オペレーター)
(2016年6月末時点)
874/875/918/919鉱区(ルシウス油田) 生産中
-原油:日量71千bbl
-天然ガス:日量74百万cf
(井戸元の生産量ではなく買主への販売に対応した数量)
Teikoku Oil(North America)
Co., Ltd.
(2003年5月30日)
同社 7.8%
*Anadarko 23.8%
その他 68.4%
ウォーカー・リッジ
95/139鉱区
探鉱中
(油・ガスの胚胎を確認)
INPEX Gulf of Mexico
Co., Ltd.
(2010年4月28日)
同社 12.29%
*Shell 42.37%
*Anadarko 25%
その他 6.34%
(オペレーター:95鉱区Anadarko、139鉱区Shell)

当社は2012年8月に、米国メキシコ湾大水深のルシウス油田に参入し、同油田の7.2%権益を米Anadarko社から取得しました。ルシウス油田では、2015年1月に油ガスを生産開始以降、順調に生産を継続しています。

2011年2月には米国メキシコ湾の大水深探鉱プロジェクトであるウォーカー・リッジ95/139鉱区に参入し、試掘井にて原油胚胎を確認し、その後評価井の掘削を実施しています。

地図:メキシコ湾周辺鉱区(米国およびメキシコ)
ルシウス油田

ルシウス油田

ブラジル: フラージ鉱区

↓この表は右から左へスクロールが可能です

契約地域(鉱区) 作業状況
(生産量、2016年3月期平均、全鉱区ベース)
事業会社(設立) 権益比率(*オペレーター)
(2016年6月末時点)
フラージ鉱区 生産中
-原油:日量23千bbl
-天然ガス:日量2百万cf
Frade Japao Petroleo
Limitada(FJPL)
(1999年7月5日)
同社18.2609% *Chevron 51.7391%
Petrobras 30%
BM-ES-23鉱区 探鉱中
(油・ガスの胚胎を確認)
INPEX Petroleo Santos Ltda.
(2007年1月19日)
同社15% *Petrobras 65%
PTTEP 20%

当社と双日(株)が共同出資で設立したブラジル現地法人Frade Japão PetróleoLimitada(FJPL)は、1999年7月にブラジル北カンポス沖合のフラージ鉱区の権益を取得し、2009年6月から生産を開始しています。小規模な油のしみ出しにより2012年3月から生産活動を一時停止しましたが、2013年4月末より安全に配慮しながら原油生産を再開しています。

また、2010年2月にブラジル南東沖エスピリトサント堆積盆のBM-ES-23鉱区にて15%の権益を取得、オペレーターのPetrobras社等とともに探鉱事業を推進しています。同鉱区では、これまでに試掘井および評価井にて良好な油・ガス層の存在を確認しており、また2015年に2坑の評価井を掘削し、そのうち1坑にて油層の存在を確認しています。

地図:フラージ鉱区 フラージ鉱区FPSO船

FPSO船


このページのトップへ